医療・治療・介護総合求人サイト 【メガキャリア】|柔道整復師とは?おまとめコラム

柔道整復師とは?おまとめコラム

柔道整復師とは?おまとめコラム

柔道整復とは打撲、捻挫、肉離れ、脱臼、骨折などの外傷を、主に素手で整復する手技であり柔道整復師はその専門家である。
柔道整復師資格は医者以外に同様の治療行為を許さない業務独占資格である。その主な治療現場が整骨院である。
主な症例は急性(病気が急に始まり早く治るもの)と慢性(病気がゆっくりと始まり、長く続く病気にを使う)、
亜急性(急性と慢性の中間。ふつう1か月から長くても3か月程度の経過のもの)とが存在するが、慢性疾患に保険を適用する事は
できないので、保険外診療である「実費部門」での治療にも多くの柔道整復師が取り組んでいる。手技の種類も多岐に及んでおり、
整体の技術からカイロプラクティックやPNF、AKなど決まったものがないのも特徴的である。また電気治療に力をいれている整骨院もある。
柔道整復師になるためには、文部科学大臣の指定した学校を卒業し、国家試験を合格する必要がある。試験内容は柔道整復理論/生理学/解剖学/
運動学/リハビリテーション医学/衛生学/公衆衛生学/一般臨床医学/外科学概論/整形外科学/病理学概論/などから試験問題200問と必修問題30問の
合計230問のマークシート式である。他の問題ができていても必修問題で2割以上不正解があれば不合格となる仕組みである。

鍼灸師・あん摩指圧マッサージ師に並ぶ国家資格の1つで、柔道整復術を応用して、骨・関節・筋・腱・靭帯などの原因によって発生する骨折・
脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの外傷を、投薬や外科的処置は行わず、人間が本来持つ自然治癒力を引き出しつつ、手技で回復させる技術を持つ。
受領委任制度により、健康保険適用での治療が可能であるが、急性(症状が急に起こり、その進み方が速いこと。)または、亜急性(急性と慢性
の中間。ふつう1か月から長くても3か月程度の経過のもの。)の症状に限られ、慢性(症状はあまりひどくないが、治りにくく、経過が長びく病
気の性質・状態。)の症状に関しての治療は、保険請求適用外となり、患者の実費負担となる。
柔道整復師になるには高校卒業後、専門学校や大学などの柔道整復師養成学校で3年以上学んで卒業する必要がある。卒業後、柔道整復師国家試験
の受験資格の取得ができ、その後国家試験に合格すれば、柔道整復師となる。これは鍼灸師やあん摩師(マッサージ師)も同様である。免許取得に
関する柔道整復師法の定めは以下の通りであり免許の取得については、現行の柔道整復師法で以下のように定められている。・柔道整復師は国家資格
であり、その免許は厚生労働大臣が与える。・受験資格を得るには、次のいずれかにおいて3年以上、解剖学、生理学などを学ばなければならない。
必修単位数は85単位以上。・文部科学大臣の指定した学校・厚生労働大臣の指定した柔道整復師育成施設・柔道整復師国家試験の試験科目。・解剖学
、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論、関係法規。
試験問題は200問と必修問題30問の合計230問のマークシート式である。従来200問だった問題数は230問に増やされている。必修問題は正答率8割が
合格ラインとなっている。他の問題ができていても必修問題で2割以上不正解があれば不合格となる。

整骨院の平均勤続年数は3年以下、1年以内の離職率は30%にものぼると言われており、その原因は治療業界の就職活動の状況にあると考えられます。
一般企業への就職活動で当然行われるような就職説明会を開かず、簡単な面接だけで合否を決めてしまう整骨院は少なくありません。同様に、柔道整復師
の就職活動もアルバイトを探すときのような単純なものになりがちです。
スリーサイズは、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師、整体師の方々の希望条件を面談でヒアリングし、「なりたい」自分の姿に近づける整骨院
・整形外科・鍼灸院・通所介護(デイサービス)・訪問マッサージなどの施設を専属のキャリアカウンセラーが紹介する「就職支援サービス」を行っています。
あなたの希望に合った施設だけを紹介するのに加え、細かい勤務条件や面接の日時はキャリアカウンセラーが全て企業と交渉するので就活の手間が省けて効率的!
面接の前には、キャリアカウンセラーが施設の特徴を元に服装や志望動機から履歴書の書き方、面接本番の受け答えまで細かくアドバイスするので、分からない
ことがたくさんあっても安心です。
面接後には内定獲得に向け、キャリアカウンセラーが企業へのアフターフォローも行います。
また、職場に関するお悩みにはいつでもご対応致します。
また友達同士で一緒に面接を受けたり、就職に関するお悩み相談も受けております。
整骨院とは柔道整復師に開業を許された施術場である。保険を適用する事ができる。急性疾患と呼ばれる骨折・捻挫・打撲・挫傷・脱臼のみである。
整骨院の数が40,000院を超える程増えた事から差別化を図る為にデイサービスの併設や美容に特化したスタイルの整骨院も珍しくはない。整骨院は接骨院とも
呼ばれるが治療院内で行われている行為は同じ物である。整骨院では柔道整復師免許の他に鍼灸師免許を取得し、鍼灸整骨院として構える事も多く有り、整骨院ごとに
治療方法・治療レベル・治療意識が大きく異なり整骨院を渡り歩く患者様も珍しくはない。柔道整復師の求人が多い1つの理由は整骨院が40000件に対して柔道整復師が
60000人しかいない事があげられる。そのため求人は常に掲載し続ける業界でもある。良い整骨院の判断基準とは何かをしっかりと患者様が持つ事が整骨院の認知度向上
・業界の質の向上に繋がると考えられている。整骨院では主に電療・手技療法を用いて症状改善に励んでいる。有効無害と言われる徒手療法は腕のよい柔道整復師の先生だと、
座骨神経痛・ぎっくり腰などの症状もその場で症状改善がみられるケースも少なくない。整骨院は整体院との決定的な違いに保険診療ができるかできないかがあげられる。
しかし現在では保険診療を慰安に利用している整骨院も増え、整骨院のあり方が問われているのも事実である。当サイトではでは治療院に特化した人材の斡旋を行っており、
一般求人や非公開求人の中から最も適した求人を提案し、治療家の皆様には一生治療家でいるためのキャリアアップをサポートしている。

柔道整復師とは柔整師養成学校に3年間通い、国家試験に合格した者をさす。整骨院・接骨院の独立開業権を持ち、保険を利用した施術を行なう事ができる。主に手技療法を
メインとし、カイロプラクティックや整体などの治療法を取り入れる整骨院も珍しくはない。保険適用の範囲は急性疾患と呼ばれる骨折・捻挫・打撲・挫傷・脱臼のみであるため、
肩こりや腰痛などの治療に保険を利用する事はできない。柔道整復師の保険適用は様々な物議を醸しており、現在は自費治療と呼ばれる保険を利用しない治療法を取り入れる
柔道整復師も珍しくはない。柔道整復師の養成学校は2000年頃から徐々に増えていき、現在は全国で108校存在する。また4年生の大学を利用した養成学校も出来ており、
現在は柔道整復師の数が激増している。柔道整復師は古くからある徒弟制度が陰に隠れ、現在では福利厚生を重視した組織的な業界へと様変わりをはじめている。その理由は前述の
通り柔道整復師の養成学校の数が原因である。柔道整復師の数が圧倒的に足りていない状況でより良い人員を獲得するためには企業の質が問われているのである。これから先の整骨
院経営の課題は、これだけ多くの学校から毎年新しい治療家が誕生している事を受け止め、この時代にあった整骨院のあり方を模索していかなければならない事が上げられる。
整骨院は家業から事業へと変革しているのである。
鍼灸師とは鍼師・灸師の養成学校に3年間通い、国家試験に合格した者をさす。鍼灸師は正確には鍼師・灸師と分かれており、当然国家試験も別々の科目を受験する必要があるため、
どちらかだけ合格するケースも存在する。鍼灸師は自費治療として整骨院や鍼灸マッサージ院で受ける事ができるが、医者の同意さえあれば保険を適用する事ができる。医者の同意を
もらえる治療院は数が多くないため、多くの患者様は鍼灸は自費治療という認識が定着した。鍼治療は肩こり・腰痛からスポーツ外傷まで幅広く利用されその速効性に期待が持たれている。
また、あんまマッサージ指圧師とのW免許が多く存在するが、それは養成学校のコースで本科と呼ばれる鍼灸師とあんまマッサージ指圧師の国家資格受験資格を取得できる科が存在する為である。
鍼灸師は学校が乱立した事によって需要と供給のバランスが崩れてしまい、鍼灸だけで生活するのは苦しいと言えるが、逆に鍼灸師として生活しているものの中には一般的なサラリーマンの
年収よりもはるかに多くもらっている例も珍しくない。鍼灸師だけでなく、治療家業界全体でこの格差は開いていると言える。また、鍼灸の幅の広さは非常に特徴的である。東洋医学的な
アプローチから西洋医学的なアプローチまで術者である鍼灸師の判断次第である。経絡と言われるツボなのか、筋肉に刺すのか、さらには美容針や美顔針と言われる顔に刺す針も取り入れて
いる鍼灸院、鍼灸整骨院も増加傾向にある。柔道整復師は保険診療をメインにすることから鍼灸師とのコラボレーション次第では患者様の絶えない治療院に変貌する事も難しい事ではない。
あんまマッサージ指圧師とはマッサージ師の養成学校に3年間通い、国家試験に合格した者をさす。元々は視覚に障害を持った方の職業独占の資格であったが、現在ではマッサージを利用したい、
また提供したいというニーズから視覚に障害のない方でも資格取得を目指すケースも珍しくない。但し、柔道整復師や鍼灸師とは異なり、視覚障害者の職域保護のため学校の乱立は防がれている。

そのため治療家3大資格の中では最も毎年の資格取得者が少ない資格である。あんまマッサージ指圧師はマッサージのプロというだけの他に機能訓練指導員としてデイサービス等に従事する働き方、
さらに訪問マッサージを行なう事ができるため、現在の高齢化社会ではあんまマッサージ指圧師の需要が日々増している。自費治療から訪問を利用した保険治療まで幅広く活躍が期待される資格である。
マッサージ師は医師以外にマッサージを許されている唯一の資格である。受験科目は医療概論(医学史を除く)、解剖学、生理学、リハビリテーション医学、経絡経穴概論、あん摩マッサージ指圧理論
などとなっている。合格率は86%以上となっており、毎年1500名ほどのマッサージ師が誕生している。現代では介護分野で非常にニーズが高まっている事から、視覚障害のある者でも、ドライバーを
つけて訪問マッサージを行なう事ができる環境も整っている。職場数的な観点からみる職域保護の実状は健常者向けの求人と視覚障害者向けの求人はやはり健常者が有利に働いているが、マッサージ師の
職域は柔道整復師、鍼灸師とは異なり介護や訪問マッサージで本領を発揮するため、視覚障害者であろうとも求人募集は耐えないのが現状である。求人に質に固執しすぎなければ、マッサージ師の職域は
保護されているといえる。整骨院・接骨院で行われている運営・経営では保険診療に依存しているためマッサージ師や鍼灸師とパートナーシップを組んで治療院を経営しているのが現在の整骨院のユニッ
ト戦略である。