「メガキャリア」の介護業界に精通する専任コーディネータが解説します。

機能訓練指導員になるには・・・

よく「機能訓練指導員って、どうやって資格を取得するのですか?」という質問がありますが、実は取得するものではありません。

「機能訓練指導員」とは、通所介護(通称:デイサービス)における職種であり、配置義務がある人員のこといいます。
では、「機能訓練指導員」として勤務できる人には以下の資格(要件)があります。
@理学療法士
A作業療法士
B言語聴覚士
C看護職員(看護師、准看護師)
D柔道整復師
Eあん摩マッサージ指圧師
のいずれかの資格を有しており、通所介護利用者に対して、適切な機能訓練を行うことができる者。

また、6ヶ月以上の実務経験を条件に鍼灸師も新たに追加されました。

機能訓練指導員の仕事とは

通所介護(通称:デイサービス)において、日常生活を営むのに必要な機能を改善し、又はその減退を防止するための機能訓練を行います。

在宅介護・医療のニーズの高まりにより、できる限り自立した生活をおくるため、身体機能向上と維持を目的に介護・医療現場でのリハビリ関係職の注目度が上がってきています。

主な業務内容は、関節拘縮の予防と筋力トレーニングのリハビリ業務。定期的に体力測定を行い、その結果を基にトレーニング 内容を調整、利用者の家族への説明等々。
利用者本人は認知症であっても、ご家族は別なので。利用者がどのような状態であり、今後どのようなリハビリ計画を実施していくのか説明することも大切な仕事のひとつです。

利用者や家族の希望を聞き、一人ひとりの身体能力やメンタルに合わせたリハビリを実施するだけでなく、問題点を見つけることも大切です。
柔軟な発想と広い視野を持つ事が必要と言えるお仕事でしょう。